なぜ貯まらない?お金が溜まる思考と習慣とは?

お金が貯まる人と貯まらない人の間には、生活習慣の違いや思考回路の差が存在しています。

 

例えば、前者は目先のお金にこだわることなく、先のことも見据えて判断や行動を行う傾向です。

 

しかし後者は目先にとらわれてしまいますから、結果的に無駄が生じて損をしたり、貯まるはずのお金が貯まらなくなりがちです。

 

また、お金が貯まる人は長期的な計画性を持っているので、使って良いお金とそうでないお金の区別が得意です。

 

無駄遣いをしない習慣がある一方で、ここぞという時には思い切って使う、そういう思考のメリハリがあります。

 

お金が溜まる思考とは?習慣から見直す注意点

 

手元のお金が何故かお金が逃げてしまう人は、計画性がなくお金を使う判断の指標が曖昧なので、常に周りの誘惑に負けてしまいやすくなっています。

 

その結果、友人に誘われればNOといえず、今回は良いかと思ったり、お金について考えることを後回しにします。

 

収入が有限なように、使えるお金もまた限られていますから、いつかはお金の使い方を見直して将来設計を行うことが必要です。

 

ところが、その場の楽しみを優先したり、人生設計を後回しにしてしまう人は、お金に関してもルーズで無駄が多いといえます。

 

更に、感情で行動するか否かも、お金の貯まるかどうかに関わりますから、思考を客観視して習慣を変えることが重要です。

 

困っている人から借り入れの相談を受けた時、冷静に返済計画を尋ねたり、借用書を作って記録を残すのはお金が貯まる人です。

 

反対に、これくらいなら返してもらえると高をくくり、結局返してもらえなくなるのがお金が貯まらない人に共通する考え方です。

 

たった1つ思考回路が異なるだけで、今後の結果は大きく変わりますから、お金が貯まらない習慣が身についている場合は、考え方から変える必要があります。

 

小さな無駄が貯蓄の妨げ!お金が貯まらない原因の解明

 

こういった違いは普段の生活にも表れやすく、少し足を運べば安く買える商品でも、安易にコンビニを選んで買ってしまうなどです。

 

数十円程度の差であっても、塵も積もれば山となりますから、本当に商品を無駄なく買えているかチェックすることをおすすめします。

 

勿論、安売りセールを目的にガソリンを使って足を運んだり、何時間も並んで買うのは本末転倒ですが、そこまでするケースではなくてもお金の使い方に差は生じます。

 

計画的にお金を使っているつもりでも、定期的に見直したり無駄を洗い出さなければ、結局はお金が貯まらない人に分類されます。

 

携帯電話の利用料や保険などの固定費がそれで、見直せば無駄な出費がなくなるものでも、後回しにしたり見直さないでいると無駄にお金を支払うことになるわけです。

 

お金の使い方を考えて安定した貯蓄を実現する

 

上手に貯蓄できている人の共通点は、収入に関係なく一定額ずつ増やせていたり、まるで固定費のように安定した貯蓄が実現していることです。

 

コツコツと貯められる人は、固定費を無駄に支払ってしまう思考回路ではなく、効率的に貯蓄する思考ができる人だといえるでしょう。

 

考え方の差がお金を使う習慣の違いに表れ、着実に増やす貯蓄ができる結果に至ると思われます。

 

使うお金が将来に結びつくものなら良いですが、その場限りで浪費してしまう使い方ならNGです。

 

お金が貯まる貯まらないの違いは、2者の生活習慣の違いを比較してみると明らかになります。

 

浪費でストレスを発散していたり、買い物が目的となっていて購入で満足してしまう人は、どう考えてもお金は貯まらないです。

 

貯まる人は使い方がスマートなので、特に頑張って節約しなくても、自然に貯蓄できたり数字が増えたりします。

 

つまり、無駄が大きいか小さいかが重要で、収入が大きくても無駄が多ければやはり貯まらないでしょう。

 

商品を買う時にお得か損か考えて判断したり、使ったお金を把握している人は貯蓄に向いていて、安定的な貯蓄が実現します。

ページの先頭へ戻る