貯蓄のパートナー家計簿の正しい付け方とは?

これまで何度も家計簿をつけようとしても長続きしなくて挫折してしまったという経験がある方は、意外と多いものです。

 

どうして長続きしないのか、その理由を分析すると長続きしやすい家計簿のつけ方が分かるようになります。

 

時間がない、管理が面倒という理由で挫折してしまった人はツールに問題があるかもしれませんが、どんなに良いツールでも自分の目的の部分が「本当に貯蓄を必要としているのか」、「貯蓄をしてどうしたいのか」が明確になっていないと継続は難しいと言えます。何度も挫折してしまう人は動機づけをしっかり定めてごくごく小さな目標から負担にならない程度で初めてみると上手く行くかもしれません。

 

収入と支出の把握がきちんとできるようにするために、家計簿をつけるのですが、細部まで確実につける方法だとだんだんと面倒くさい気持ちに駆られてしまうものです。

 

一回、家計簿をつけるのが抜けてしまうと、間隔が空いてその内全くつけなくなってしまうこともありがちです。

 

もっとざっくりとした家計簿のつけ方なら、気負うことなくつけられるので収入と支出の把握をするのに、浪費・消費・投資と分けて金銭の管理を行ってみるのがコツです。

 

家計簿をつけることが目的ではありません。家計簿はあくまでも収支の把握で貯蓄をスムーズに行うための手段です。さらに貯蓄は自分の人生の大きな出費に備えるために行うものですからなぜ貯蓄をするのか、貯蓄してなにに使うのかを明確にすると目的意識がはっきりとして継続しやすくなると思います。

 

意外に知らない家計簿の管理方法

 

ざっくりとどういったものにお金を使ったかを把握できるようになり、無駄な出費が見えるようになります。

 

簡単であっても、大まかな把握ができる方法であれば、継続しやすくなるため家計の管理がしやすくなります。

 

では、具体的にノートに手書きする家計簿かアプリの家計簿か、どちらが向いているかといえば、個人差があるので一概に言えない面も出てきます。

 

ノートを家計簿として活用するのは1ページに広く書き込めるのでその他のメモもしやすくなるメリットがありますし、専用の家計簿を買わなくても済みます。

 

いつからでも気軽に始められるし、手頃なノートやルーズリーフでも好きな物を選んで記入できます。

 

記入できる自由度はノートの方が、簡単ですが、集計をするには時間がかかるデメリットも否めません。

 

さらにノートがだんだんとかさばってしまい、置き場所に困るようになるというデメリットもあります。

スマホアプリの高性能化が進み、家計簿をアプリで管理する人が急増しています。手軽に管理できるので継続しやすく、楽しくお金の管理ができるのがとても魅力といえるでしょう。

字を書かずに家計簿を付けることも可能

 

また、手書きをしないレシートを分けて最終的に保存する方法もありますが、この方法は、毎日、レシートを袋に入れるだけなので手間はかかりませんが、毎月、1回の集計作業が必要になります。

 

その時間をまとめて確保できる人に向いている方法です。

 

一方、色々なアプリを活用できるようになり家計簿もより簡単になって来ています。

 

集計や収支の計算も自動で行ってくれる上に、グラフや表で視覚的にも分かりやすいメリットは大きいです。

 

しかも、家計簿を無料で使えるアプリも多いので導入しやすい魅力もあります。

 

しかし、クラウド型のアプリだと個人情報の漏えいが心配されます。

 

アプリ選びは金融機関のログイン情報がないものを選ぶと心配はなくなります。

 

サーバーがダウンした場合には使えないことも起こるでしょうがこの場合はあまり可能性としては高くないので個人情報の点に注意して選んでみると良いでしょう。。

 

自分にあった方法で家計簿をつけて貯蓄額を増やそう

 

収入と支出の把握をきちんと行うためには、ノートまたはアプリで家計簿をつけるようになるのですが、向き不向きはあるでしょうが、忙しい現代人にとればアプリの方が時間の節約が出来るという面ではおすすめできます。

 

ただ、手書きをする方が、記憶に残りやすいと言う人やパソコンやスマートフォンの操作に時間がかかってしまうので苦手という人なら記入して行く方がやりやすいでしょう。

 

いずれにしても、簡単に家計簿をつけるには向いているツールを探し出す努力を重ねてみることも大事です。

 

レシートをカメラから読み込みしてくれる高性能な無料アプリなどとても人気です。

 

同じ人でも家庭環境や年齢で向いているツールが変わって来ることもあります。

 

初めてならまずは収支の把握ができることを重視して目的をしっかり定めることが重要ではないでしょうか。

 

さまざまな貯蓄のヒントを自分のあった方法で探してみましょう。

ページの先頭へ戻る