貯蓄を成功させる賢い方法とは?

貯蓄のしかた

貯蓄をしようと思ってもなかなか貯蓄がうまくいかない人も多いです。

 

そもそも、どのようにしたらお金をためることができるのでしょうか。

 

これにはしっかりとしたコツがあります。
まず、一つは積立てをする方法があります。

 

積立をすることにより強制的にお金をためることができるので大いに便利になるでしょう。

 

もちろん積み立てている間はもらった給料が少なく感じてしまうといった問題点もあります。

 

ですが、自分でお金を使ってしまう癖があるならば、あらかじめ積み立てをして置き、ためておいた方が後から考えれば非常に楽なことです。

 

特に、何もお金をためる目標がない人にとっては、そうすることで非常に役に立つでしょう。

貯蓄を成功さるには無駄遣いを無くすことが鉄則

無駄遣い

先取り貯蓄する方法といっても過言ではありません。

 

次に、生命保険の加入は可能な限り避けることです。

 

生命保険自体は、非常にもったいない思いをします。

 

そのため、保険はあまりかけない方が良いといるでしょう。

 

ただ、必要最低限のものはかけておく必要がありますね。

 

後は、毎月自分の収入の2割は必ずためておくことが必要になります。

 

なぜ2割かといえば、たいていの人は2割を無駄にしてしまっているためお金が貯まらないからです。

 

普通、無駄遣いさえしなければいまもらっている給料で生活ができるはずです。

 

それにもかかわらず、なかなかお金が残らないのは今使っている給料よりも派手な生活をしている可能性があります。

家計簿でお金の使いみちを把握すると予定が立てられる

家計簿
たいていの場合、派手な生活をしているのは2割の部分です。

 

その為に一役買ってでてくるのが家計簿です。

 

数字でお金の管理をしてあげることにより、より明確にお金の管理を行う事ができるからです。

 

簡単に家計簿といっても付け方が解からなければ利用することもできませんよね?

 

そんな家計簿について詳しく詳細をまとめ記事を紹介していますので詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

生活レベルに合わせた出費と収入から計算する積立

 

2割だけ浪費したり遊びに使ってしまったりすることでお金がたまらなくなっている可能性があります。

 

これをもう少し説明すると、普通手取りで20万円の給料をもらっている人でも、全額使わなくても生活をすることが可能になります。

 

たいていの場合、その人の生活レベルは給料の8割程度とされているわけです。

 

つまり、基本的な趣味などを行ったとしても、賃貸の家賃を払ったり食費や交際費でお金を使った場合でも、おおむね8割はなくなりますが2割ぐらいは残るはずです。

 

ですが、お金に関するリテラシーの低い人はその2割を無駄遣いに回してしまいます。

 

その人によって必要最低限の生活をする基準が8割の出費になることですので、よほど無駄遣いをしなければ残りの2割はたまるはずです。

 

もし必要最低限の生活をしても2割がたまらないとすれば給料と生活レベルがあっていない可能性があります。

 

年を重ねることで生活は変化していきますし、若いうちから少しづつでも貯蓄を身につけることで人生における大きな出費(車、住居、養育費など)に対応することができるでしょう。

 

年齢別の貯蓄傾向などを参考に今の自分の収入と支出を考えてみるのも一つの手と言えるのではないでしょうか。

貯蓄の上手い方法は目標を設定すること

貯蓄の目標を設定

手取りが20万円の月収で家賃10万円以上の生活をしている可能性も否定できないでしょう。

 

この場合は生活レベルを下げなければなりません。

 

そして、生活レベルを下げたうえで余った2割は貯蓄に回します。

 

これを毎月繰り返すと、面白いほどお金がたまっていくでしょう。

 

最初は50万円を目標にためていき、それがたまれば今度は100万円をためていくようにすれば、次第に増えていくことがわかります。

 

ただそれでも、ながらが500万円以上はたまることはないですのでその段階になって初めてお金の担ぎ方や資産運用の方法を変えていかなければなりません。

 

お金が貯まる人は貯まるべくしてお金が貯まっている傾向にあります。

 

そのコツも同じ様にご紹介していますので詳しくはこちらを参考にご覧ください。

 


ページの先頭へ戻る