30代は年収からムリのない貯蓄を考える

人生では何かとお金が掛かるものなので、人生設計が本格化する30代は貯蓄方法を考えるきっかけになります。

 

30代の平均貯蓄額は年収によって異なり、年収額が300万円未満でも約240万円ほどの貯蓄が行われています。

 

300万円から500万円未満では約440万円、500万円から750万円未満では670万円ほどと、年収の増加に合わせて貯蓄額も順調に増加する傾向です。

 

30代全体の平均貯蓄額としては600万円弱で、最高は年収1,000万円から1,200万円未満の約3,200万円です。

 

年収が1,200万円以上となると、貯蓄額は減少に転じ1,500万円台に低下するのが面白い部分です。

 

働き盛りの30代はお金に余裕がありますが、老後に必要とされる費用は2,000万円とも3,000万円ともいわれています。

 

勿論これは生活レベルによるので、節約を行えば抑えることは可能でしょうが、それでも病気などでお金が掛かる可能性が高いといえます。

 

貯蓄をする意味をしっかりと考える~その目標とメリットは?~

 

30代で貯蓄を真剣に考えるのであれば、貯蓄の目的を良く考えて計画を立てる必要があります。

 

収支の見直しをして無駄をチェックするのは基本ですし、お金の使い方で良くないところがあれば、優先的に改善するのが原則です。

 

貯蓄において、何を目的としてお金を貯めるかは、目標の設定やモチベーションの維持に不可欠です。

 

大金を持っていても、お金の使い方で老後に一文無しになる人がいますから、使い方を良く考えて価値あるお金の活用を身につけたいところです。

 

貯蓄を続ける為にはまず、メリットを念頭に貯蓄を始めることがオススメとなります。

 

収支の見直しを考える生活レベルの維持と安心感

 

節約したり我慢して貯めることで何が得られるか、それを明確にすることが大前提です。

 

例えば、老後の生活費を貯蓄目的にする場合は、生活レベルの維持安心感がメリットになります。

 

目的が結婚資金なら、夫婦で新しいスタートが切れますし、子供の教育資金目的というのもありでしょう。

 

前者には一度立ち止まり人生を再設計するメリットが、後者は希望を子供に繋げ、豊かな人生を実現する資金の確保が行えます。

 

いずれにしても、お金の使い方に間違いはないか客観的に分析してみることは、30代以降の生活を考えるととても大切です。

 

キャリアに問題がなければ、毎月一定額の収入は安定的に得られるので、後は無駄のない使い方を身につけることが今後の鍵を握ります。

 

目的を設定して毎月貯蓄したい金額を決める、これが30代にオススメの貯蓄方法だといえます。

 

貯蓄の目的によって必要とされる費用が明確になれば、期限までに残された時間や、1ヶ月あたりで必要な貯蓄額が見えてきます。

 

生活費に余裕がなく、それが無駄によって生じている状況だとしたら、収支の見直しは欠かせないです。

 

家賃と光熱費や保険などの固定費は、真っ先に見直すべき項目となります。

 

貯蓄の目的を明確にする事で得られる目標

 

毎月必ず発生する支出は、長期間にわたって家計を圧迫するので、見直せる内に収支の見直しをすることをオススメします。

 

一方で自由に使える変動費は、趣味に関係してきますから、無駄と考えてバッサリと切り落とすのは難しいです。

 

それよりも、嗜好品などでついついお金を使い過ぎてしまう癖がないか、普段の生活を頭に思い浮かべて洗い出してみるのが良いでしょう。

 

このように収支の見直しを行えば、30代の平均貯蓄額を上回る貯蓄ができたり、今後に備えて資金の増強が実現します。

 

ポイントは、お金の使い方で必要とされる費用の算出と、貯蓄の目的や目標から逆算した収支の見直しです。

 

ただ単に支出の無駄を減らそうとしても、貯蓄の目的がないと何処から手をつけて良いか悩んだり中々進まないので、目的と目標の明確化が肝心です。

ページの先頭へ戻る